まるでユーザーの後ろに立って見ているかのように。

SessionCamはユーザーのマウスの動き、ページ移動、フォーム項目の「もたつき」などを録画します。
アクセス解析ではわからなかったトラブルからユーザーを救いましょう。

全機能が試せる!試用版が無料
ユーザーの視線を、サーモグラフィのように

ユーザーが熱心に読んでいる箇所は、あなたが注目して欲しい場所ではないかもしれません。
また、あなたのボタンは押されず、ボタンではないグラフィックが押されていることに気付くでしょう。

そうなっていないか確認
お問い合わせフォームで、ユーザーが一番嫌いな項目を知っていますか?

「ふりがな」をカタカナでなくひらがなで入力しているだけで怒られるユーザー。ユーザーはエラーの原因に気付きません。
あなたの都合が、ユーザーを空しく帰らせます。

わたしは大丈夫と思うなら

お知らせ

2018.07.13 セッションカムお申込み者・ご利用者のためのサポートサイトを開設

サポートサイト

Sessioncamはユーザーの行動が手に取るようにわかるツールです。

お問い合わせフォームを改善したり、こだわりの文章を掲載しても思うような効果が出ない、
訪問数や直帰率といったアクセス解析の結果は悪くないのに、なぜかコンバージョンに繋がらない…
サイト改善の「PDCAを回すことが最近ツラくなってきた」WEB担当者の方に朗報です。

📌 最優先で取り組む問題点がわかる

ユーザーのセッションリプレイデータを元に、独自の機械学習アルゴリズムを使用して、問題のあるページを自動的に測定。CSスコアと呼ばれるスコアを算出します。
多くのユーザーがCSスコアが高いページは改善が必要なページです。
セッションカムはCSスコアを元にした改善する必要が高いページを優先順位で教えてくれます

📌 実際のユーザーの動きを確認

セッションリプレイ、ヒートマップ、ファネルなど、Sessioncamの機能を駆使して解析を行いましょう。
ページの改善点を推測や勘だけに頼るのではなく、ユーザーの実際の動きを元にした問題点をセッションカムは提示します。

📌 ユーザーが見たサイトのエラーを自動検知

セッションカムではユーザーがサイトで遭遇したさまざまなエラーを自動で検知します。
システムエラーやJavascriptで発生したエラーも検知。ユーザーが見た画面をセッションリプレイで確認ができます。
セッションカムはリリース直後のWEBサイトやWEBアプリなどで未発見のエラーをいち早く検知できWEBサイトの問題を早期に解決する糸口となります。

勘でも、思い込みでもなく、「ユーザーの現実」から改善策を得ましょう

すべて確認できます!
💪 一番問題のあるページはどこか
💪 ユーザーはサイトでどんな動きをしているのか
💪 ユーザーが熱心に読んでいるのはページ内のどこか
💪 ユーザーを一番困らせ、離脱させている項目は何か
💪 ユーザーが連発しているエラーの筆頭は?
使わない理由は?

🔰無料試用版はこちら

💪ずっとWEBサイト改善の「PDCA」に悩んでいませんか?

💪 優先して改善すべき箇所が知りたい。
💪 アクセスはそれなりにあるのに、なぜ問い合わせがないのかがわからない。
💪 お問い合わせページが表示されているのに、お問い合わせがない。
💪 ページ内の、どの文章が読まれているか知りたい。
💪 申込フォームが4ページあるが、URLが共通なのでどこで離脱しているかわからない。
💪 「ユーザーテスト」を行いたいが予算がない。

🤔webは「なんとなく修正」では改善しません

セッションカムでユーザーのリアルな操作や動きをもとに改善策を。
セッションリプレイ + 各種ヒートマップ + フォーム効果検証 + 条件絞り込みセグメント機能 + α

📝良い収益化されたWEBサイトは企業もWebサービスも日々のWEBサイト改善からはじまります

👩‍💼 BtoCサービス

ホテル・旅行・ブライダル・美容・WEB関連・エンターテイメント・レジャー・飲食・通信・不動産・法律・医療・福祉・教育・金融・保険などのサービス業にとってwebサイトは顧客訪問の窓口として、最も重要且つ、売上と連動するケースも多いでしょう。
web改善のために、どこをリニューアルすればいいか、フォーム改善をすればいいか、訪問者が求めている情報はどこなのか?滞在時間が長いところはどこか、お申込み途中で離脱している原因は何か?など常にwebサービスと直結する改善要素をsessioncamで解析することが可能です。

🏢 BtoBサービス・コーポレート

WEB関連・IT・デザイン関連・貿易・建築・通信・メディア・出版・不動産・会計・法律・金融・保険・コンサルティングなど。自社webのお問い合わせup、資料請求up、商品ページ、サービスページのアクセス詳細など、企業営業に関わる数値を検証することができます。
またBtoB企業であれば、どの企業(潜在顧客となりうる)からアクセスされているか調べることも可能ですので自社サービスのマーケティングに役立ちます。webサイト活用のためsessioncamの機能をフル活用してください。

🛒 ECサイト(ネットショップ)

ECサイトなどではカートに商品を入れたのに購入までに至らなかったケースで原因を検証することができます。カートに入った後、購入手続き完了までの経路のどこで離脱が起きてしまったのか知ることができれば、カート・フォームやユーザビリティ改善につながります。もちろんヒートマップ分析を使ってユーザーがよくみるポイントとなる箇所やサイト構成参考になり、ページ離脱があればその原因を把握することもできます。商品ページごとのアクセス数や、コンバージョン率も確認することができます。

🌏sessioncamは世界80か国
10,000社以上に利用されています

SessionCamはあなたのサイト改善のPCDAを加速させます

✔ googleアナリティクスとの違い

GoogleアナリティクスはWEBサイトのアクセスデータを元に定量的にWebサイトを分析するシステムです。
セッションカムはWEBサイト訪問者の動き(セッションリプレイ)のレコーディングデータを元に定性的に分析するシステムです。
訪問者の動き(セッションリプレイ)を動画で確認する他に、セッションリプレイで収集した情報を元に多角的にWEBサイトの利用状況を確認する機能を持っています。(セッションカムの機能の詳細はこちら
すでにgoogleアナリティクスは活用されている方も、セッションカムと組み合わせることで、相互補完されWEBサイトの改善にきわめて効果的です。

✔ 料金

試用版は1ヶ月500アクセスまで無料
有料版は 月額12,000円(月15,000PV)から

試用版申込はこちら

※上記以上のPVをご希望の方は別途お見積りになります。
※複数のドメイン(URL)での利用も可能です。
※料金は改定する場合がございます。
※初期セットアップ費用、初期導入講習、PDCA改善アドバイスサービスは入っておりません。
さらにご希望の場合、別途有料の効果検証アドバイスサービス(毎月定期的なPDCA会議開催)もあります。

ユーザーレビュー

  • SessionCamは、ユーザーが当社のウェブサイト上の新しい機能や製品とどのように対話しているかを本当に理解するのに役立っています。これらの洞察は、問題を迅速に特定し、顧客への影響を最小限に抑えることを意味しています。

  • セッションのサンプルをフィルタリングして見て、トラブルと脱落の理由を見つけ出したことで大幅な収益向上を実現しました。それは一番の結論です。

  • SessionCamの優れた機能の1つは、「質&量的データ」をすばやく相互参照する機能です。セッションの動画を見ることで、何が起こっているのかを正確に確認することができます。そこがGoogleアナリティクスとは違うところで、組み合わせると最...

  • SessionCamは問題の優先順位付けと特定に役立ちました。弊社では制作会社に修正を依頼するため、費用対効果の高い施策を選ばなければなりません。こういった判断をするためにも便利です。私は誰にでもSessionCamをお勧めします。

  • SessionCamはウェブサイト改善のための必要不可欠な部分になっており、毎日使用しています。 特にファネル機能で問題の場所と理由を正確に把握できるのがお気に入りです。

📈ブランディング会社だからこそのweb検証ツール

【気付きを作るブランディング&売れる仕組みを作るマーケティング】
運営会社のベレネッツは、企業ブランディングを行う会社です。
ブランディング&マーケティングで顧客企業の認知度を上げ、事業効果を生み出します。

広告などのpush型の手法は使いません。
すべて非広告での戦術を実行し、pull型の仕組みを構築しているからこそ、sessioncamを提供しています。