• HOME
  • こんなことができます

正直に言ってください、
あなたが知りたいのは、
これですよね?

「どうしてお問い合わせしてくれないの?」

見やすいフォーム、美しいデザイン、大きな送信ボタン…こんなに至れり尽くせりで良いお問い合わせフォームなのに、お問い合わせがゼロ

「どうして買ってくれないの?」

アクセスはたくさんある、商品ページの離脱率も悪くない(ってアナリティクスに書いてある)、なのに売れない!

「お客さん、もしかしてボタンに気付いていない?」

うちのお母さんが、申し込みボタンを素通りして不安になった。

「僕の書いたこだわりの文章、読んでくれてる?」

こだわりの商品説明、熱い開発の想い、ユーザに伝えたい弊社の気持ち……実は読まれていない?

「つまり、お客さんが何考えてるのかわからない!!!」

全部、
SessionCamに聞いてみよう!

・リニューアルしたウェブサイトからのお問い合わせがゼロで担当者が真っ青。
・改善改善って、何が悪いのかわからない。商品は悪くないはずだ。
・気づかない方がおかしい。だって大きく「お申込みフォーム」と書いてある。
・コンテンツが重要と聞いたので一生懸命書いたんですけど。

お客様は、読まない・信じない・行動しない。

想定しないところでつまずき、なんの変哲もない画像を間違ってクリックし、美しいフォームを途中であきらめ、どうでもよいページが大好評!
徹夜で書いたこだわりの文章は読まれず、お金をかけてとった写真は表示されず、一番熱心に見られているページが「成分表示ページ」。

あなたが想定している数倍、ユーザーは繊細です。

あなたは知りません。あなたが想定している数十倍、ユーザーは探し物を探して不安そうにウロチョロしていることを。

セッションカムでお客様の行動を覗いてみませんか?

セッションカムの様々な機能を試したあと、きっとこう叫ぶはずです。

「こんなところでエラーを連発してる!ありえない!」
「それはボタンじゃない!」
「え、そんなところであきらめて帰るの?」
「文章を全然読んでない!」
「なんでそんなところをグルグル回ってるの?」
「そのページ、さっきも見たでしょ!」
「(購入するボタンを)押せ!押してくれ!頼む押してくれ!帰った?!なぜだ、なぜ押さない!」

まるでユーザーの後ろに立って操作を見守っているようなハラハラを、
論理的なデータとともにご鑑賞いただけます。

(※クレジットカードの入力画面など、個人情報にかかわる入力は非表示にすることができます。)

「ユーザーは読むはずだ(読んでほしい)」
「ユーザーは信じるはずだ(信じてほしい)」
「ユーザーは行動するはずだ(行動してほしい)」

さあ、はじめましょう!
ユーザーの側にたった「改善」を。
ユーザーの記録とセッションカムの便利な機能は、サイトの修正すべき点を教えてくれます。