フォームアナリティクス

―Form Analytics―

  • HOME
  • フォームアナリティクス ―Form Analytics―

お問合せ、資料請求、申込、購入等各種フォームのどこに問題点があるか確認できます。

コンバージョンしない理由として「フォームに原因がある」場合があります
多くのユーザーがフォームから離脱する原因として、例えば以下のような点が考えられます。

  • 長すぎる
  • 必須項目が多すぎる
  • 答えづらい(答えたくない)設問がある
  • (そのほか)

「どのような状況がユーザーを諦めさせるのか」を把握することによってフォームの改善に役立ちます。

webフォームの問題を見つけ、できるだけ簡単に完了できるフォームにすることで、あなたのwebサイトのコンバージョン率に変化をみることができるでしょう。

フォームアナリティクスで以下のような点を確認しましょう。

  • ユーザーはどこで入力をあきらめ、離脱しているか
  • ユーザーはどの項目の入力に時間を要しているのか
  • もっともユーザーがエラーを出す項目はどこか
  • 問題のある項目は、本当に必要か

ユーザーのコンバージョンの妨げになっているものは「本当に入力してもらう必要があるか」を検証しましょう。ユーザーが入力しづらくても入力の必要がある項目は、補足を記載したり入力補助のための機能を追加しましょう。そこまで重要なものでなければ、思い切って削除してしまうのも手のひとつです。