GoogleアナリティクスとSessionCamの連携

マニュアル

GoogleアナリティクスとSessionCamの連携により、対象となるSessionCamのセッションリプレイ動画を特定し再生することができます

注:この記事はユニバーサルアナリティクス(analytics.js)での設定方法です。

使い慣れたGoogleアナリティクとSessionCamを連携させることで、ユーザーの行動をより深く把握し、バグやウェブサイトの問題をより簡単に特定することができます。

SessionCamのセッションIDをGoogleアナリティクスにインポートし、セッションリプレイ動画を再生するには、3つの簡単な手順が必要です。

STEP1. Googleアナリティクスでの設定

GoogleアナリティクスではSessionCamのSessionIDを受け取るための「カスタムディメンション」の設定と、設定した「カスタムディメンション」を利用したSessionCam連携カスタムレポートの作成をおこないます。
※カスタムディメンションとは:Googleアナリティクスの機能で任意のデータをGoogleアナリティクスに保存する機能です。

カスタムディメンションの設定

Googleアナリティクスの「カスタムディメンション」を設定します。
「カスタムディメンション」はSessionCamにて測定するウェブサイトに関連付けられているGoogleアナリティクスの「プロパティ」単位で設定できます。

カスタムディメンションを追加します。
入力が必要な設定は、【名前】【範囲】の2つです。

【名前】は任意の名前を付けられます。例)SessionIDs
【範囲】は「セッション」を選択します。(他では動作しません)
上記の入力が終わったら、【作成】ボタンをクリックします。

次に表示される「作成したカスタムディメンション」ページ内の下記図の赤枠で記した部分の「カスタムディメンション名」を控えておきます。(SessionCamとの連携に必要な情報となります)

※上記図では dimmension2 がカスタムディメンション名となります。

GoogleアナリティクスからSessionCamへ連携用のカスタムレポートを追加

Googleアナリティクスで新しいカスタムレポートを設定するには、[カスタムレポート]に移動し、[+新しいカスタムレポート]をクリックします。
次に、レビューするセグメントに関連する指標とディメンションを選択します。
次に、 ディメンションにてカスタムディメンションを選択し上記にてカスタムディメンション設定時に設定し【名前】を選びディメンションのリストに追加します。(ディメンションSessionCam以外も複数選択できます)
下記図が例です

全体情報:
【タイトル】は任意の名前を付けられます。例)セッションカム連携
レポート内容:
【名前】は任意の名前を付けられます。例)SessionID
【ディメンションの詳細】はカスタムディメンションにて事前に設定したSessionCam連携用ディメンションの名前を選択します。例)SessionCamID

指標グループおよび、ディメンションの詳細では他にも分析に必要な任意の項目が選択できます。
例)指標にはページ毎のセッション数やアナリティクスで設定した目標完了値など。
ディメンションにはランディングページなど任意のものを指定できます。
これら既存のディメンションと同等にSessionCam連携用カスタムディメンションは利用いただけます。

STEP2. SessionCamでの設定

SessionCam管理ページにログイン後、ナビゲーションメニューのManage[管理]セクションを展開します。

>Account Settings[アカウント設定]をクリックし、表示されるページ内の>Integrations[統合]というタイトルのタブをクリックします。

Google Analuticsブロック内の【ENABLED】をクリックします。
次に【SETTINGS】がクリック出来るようになるので、クリックします。

表示されたポップアップ内の【Dimension Name】に上記で控えておいた「カスタムディメンション名」を入力します。
※この名前はGoogleアナリティクスで自動作成され「dimmension」に通し番号が付いた名前ですので数字のみご注意ください。

【Save Setteing】をクリックし設定完了です。

STEP3. レポートと再生の表示

Googleアナリティクスは収集データの反映は24時間以上48時間程度かかります。
SessionCamの連携もGoogleアナリティクスのデータ収集反映後となります。

上記で設定したGoogleアナリティクスでのレポートの表示は下記図のようになります。

SessionCamの連携用SessionIDは、例えば次のような文字列になります。

f3f34551-7ba0-4f9a-a8ac-8683ea74a341,634821081340000000

SessionCamで該当するセッションに紐付いたセッションリプレイ動画を再生するには、お使いのウェブブラウザのアドレス欄に[https://console.sessioncam.com/Console/Recordings/PlaybackSession?sessionId=xxxx]を貼り付けます。「xxxx」の部分を上記該当のSessionIDに書き換えて表示します。
例)https://console.sessioncam.com/Console/Recordings/PlaybackSession?sessionId=f3f34551-7ba0-4f9a-a8ac-8683ea74a341,634821081340000000

SessionCamコンソール(管理画面)にログインしていない場合、ログイン画面が表示されますので、ログインしてください。セッションリプレイの再生動画が表示されます。

もっと簡単に確認出来るChrome機能拡張も用意されています。

GoogleアナリティクスとSessionCamの連携2(GoogleChrome機能拡張)
今ならセッションカムの全機能を試せる
試用版(月500アクセスまで)が無料!

タグをあなたのサイトに追加するだけで、設定は完了します。
さっそくセッションリプレイやヒートマップ、コンバージョンファネルでサイトの問題点を把握しましょう。
やらない理由はありません!

今すぐ試用版を申し込む

関連記事一覧